「成熟社会における 組織・アライアンスの組み方」

4月17日に成熟社会ビジネス実践会
「成熟社会における 組織・アライアンスの組み方」 を開催しました。

次回セミナーお申し込みページへ飛ぶ

4月の成熟社会ビジネス実践会では、特に学んでおきたい「組織・アライアンスの組み方」を題材とし、
”成熟社会でビジネスをするためには必須の内容”を伝授していきます。

「成長社会」とは、高度成長時代のように右肩上がりに成長していく社会を指します。
人々の夢やビジョンは画一的に決まっており、「みんな一緒」がキーワードでした。

「成熟社会」は、スマートフォン等の普及により取得できる情報量が増え、
人々の価値観が多様化、夢やビジョンは個別化していきます。キーワードは「みんな別々」です。

それぞれの時代のキーワードが違うので、
成長社会の組織構造のままでビジネスをしても、成熟社会ではズレが生じいつか通用しなくなります。

これを見ているあなたは、
・上から下へ指示伝達するのが当たり前だと思ってはいませんか?
・お金を払った相手を自由に使えると思っていませんか?

もしそう思っているならそれは成長社会の考え方に囚われていると思ってください。

では、成熟社会であるべき組織構造とは・・?

ご興味ありましたら、ぜひご参加ください\(^^)/
次回セミナーお申し込みページへ飛ぶ

一覧ページに戻る >>